津波の傷が癒えないインドネシアから来日したシンデレラ・ボーイ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年3月1日 > 津波の傷が癒えないインドネシアから来日したシンデレラ・ボーイ
メニュー

津波の傷が癒えないインドネシアから来日したシンデレラ・ボーイ

2005年3月1日 12:00

初来日したニコラス・サプトラは、 84年生まれの21歳「ビューティフル・デイズ」

初来日したニコラス・サプトラは、
84年生まれの21歳
[拡大画像]

「冬ソナ」「セカチュー」など国内外の純愛モノが元気な日本に、今度はインドネシアから瑞々しい青春純愛物語「ビューティフル・デイズ」がやってきた。本作は02年に本国で250万人を動員し、インドネシア史上最高の興行成績を記録したヒット作。今作で、主人公の女子高生チンタが想いを寄せる、ランガ役を演じたニコラス・サプトラにインタビューした。

映画は女子高生のチンタが、ランガとの恋と女友達との友情の狭間で揺れる様を描く。ニコラスは「僕の初恋は16歳の時。今でも心に残っているいい思い出だよ」と切れ長の大きな瞳ではにかみながら語る。「僕自身は恋と友情の板挟みになったことはないけど、友人としてなら経験があるかな」

本作の大ヒットで一躍シンデレラ・ボーイとなったニコラスは、ラジオDJや舞台など多方面で活躍中とのこと。「ラジオのDJは、勉強を優先したいから3カ月後に引退するつもり。でも、来年はまた映画に出ると思うよ」と、しっかり者の大学生としての一面ものぞかせた。津波被害の傷跡がまだまだ癒えないインドネシアだが、最後に「本作を通して、両国がより親密になることを願っている」と語っていた。3月5日より、恵比寿ガーデンシネマほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi