アカデミー賞の司会者がアカデミー賞批判。物議をかもす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年2月22日 > アカデミー賞の司会者がアカデミー賞批判。物議をかもす
メニュー

アカデミー賞の司会者がアカデミー賞批判。物議をかもす

2005年2月22日 12:00

2月28日に行われる、アカデミー賞授賞式の司会に初挑戦するコメディアンのクリス・ロックの発言が物議を醸している。その発端となったのが、米エンターテインメント・ウィークリー誌のインタビュー記事。クリス・ロックは「だいたい、芸術のための賞ほどばかばかしものはないよ。2人の人間がまったく同じことに挑戦しない限り、優劣を決めることなんてでできないじゃないか」と、アカデミー賞自体を否定する発言をした。

さらに、デンゼル・ワシントンハル・ベリーが歴史的なダブル受賞を果たした02年をのぞいて、授賞式は一度も見たことがないと告白。「あんなのは単なるファッションショーだ。ゲイでもない黒人の男が、興味を持つわけないじゃないか。おまけに、コメディが軽視されて、黒人もほとんどノミネートされない。そんな番組をどうして見なきゃいけないんだ?」

このクリス・ロックの発言に対し、アカデミー内部からも批判が続出している。司会を降板させるべきだとの声に、授賞式のプロデューサー、ギルバート・ケイツは火消しに忙殺されているという。過激なジョークと若者へのアピール力を期待してクリス・ロックの起用を決めたことが、裏目に出てしまった格好。ちなみにケイツは、「ちょっと退屈な授賞式を面白おかしく皮肉っただけ」として、予定通りロックを起用する意向を表明している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi