「ラスベガスをやっつけろ」の原作者が自殺 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年2月22日 > 「ラスベガスをやっつけろ」の原作者が自殺
メニュー

「ラスベガスをやっつけろ」の原作者が自殺

2005年2月22日 12:00

2月20日、作家のハンター・S・トンプソンが、コロラド州アスペン近郊の自宅で銃を使って自殺した。67歳だった。

トンプソンは、ゴンゾ・ジャーナリズムの先駆者として知られるノンフィクション作家。「ゴンゾ」とはイタリア語で「ならず者」の意。ラスベガスへの旅を記したロード・ノンフィクション「ラスベガスをやっつけろ」は、テリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ主演で映画化された。ちなみにギリアム監督は、原作について「アメリカン・ドリームが決して実現しないことへの絶望について書かれたものに思える」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi