3大巨匠がこぞって描いた“エロス”とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年2月15日 > 3大巨匠がこぞって描いた“エロス”とは?
メニュー

3大巨匠がこぞって描いた“エロス”とは?

2005年2月15日 12:00

(左より)ウォン・カーウァイ監督、寺島しのぶ「愛の神、エロス」

(左より)ウォン・カーウァイ監督、寺島しのぶ
[拡大画像]

ミケランジェロ・アントニオーニスティーブン・ソダーバーグ、そしてウォン・カーウァイと、欧・米・亜を代表する3巨匠が、“エロス”をテーマにそれぞれ作品を綴ったオムニバス映画「愛の神、エロス」から、3人を代表してウォン・カーウァイ監督が来日。2月13日に懇親会を開いた。

カーウァイ監督の作品「仕立て屋の恋」は、カーウァイ作品常連のコン・リーチャン・チェン主演で描く少年の初恋物語。監督は「撮影時はSARSの影響で、現場では握手もしないようにしていたが、それが逆に“触れ合うこと”の大切さという作品のテーマに影響を与えた。コン・リーのプロポーションは、男なら誰でも触れたい、抱きしめたいと思うだろうし、少年と大人の2つの面で語られる本作では、男性役はチャン・チェンしかいないと思った。もちろん、彼のセクシーなお尻も重要でしたが(笑)」と笑いを交えながら自作について語った。

また、バレンタイン・デーにちなみ、チョコレート贈呈のため来場した寺島しのぶが「監督の作品は3作の中で唯一ヌードシーンがないが、逆に“見えないエロチシズム”がある」と絶賛。さらに自身の着物姿について「着物はしとやかに見えるが、実は下着をつけないで着るものですから、今日もつけていません」と場内を沸かせた。「愛の神、エロス」は、シネスイッチ銀座ほかにてゴールデンウィーク公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi