ピクサーVSディズニー、最後に笑うのは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年2月15日 > ピクサーVSディズニー、最後に笑うのは?
メニュー

ピクサーVSディズニー、最後に笑うのは?

2005年2月15日 12:00

ピクサー・アニメーション・スタジオのスティーブ・ジョブス会長が、ディズニーとの再び配給契約を結ぶ可能性について言及した。06年夏に公開予定の「Cars」(ジョン・ラセター監督)のリリースをもって、ディズニーとの現行契約が切れることを受け、ピクサーはより有利な条件を提示する他のメジャースタジオと契約を結ぶと見られていたが、ディズニーのマイケル・アイズナーCEO(最高経営責任者)が06年に退任することになったため、アイズナーの後継者が決まるまで様子を見ることにしたようだ。他の会社から引き抜かれた人間がディズニーの新CEOに決まれば、「他のスタジオよりも好ましい状況になる可能性がある」とジョブス会長。現時点では、後任としてボブ・アイガーCOO(最高執行責任者)が有力視されている。

アイズナーとジョブスは犬猿の仲として知られており、先日もアイズナーは、ピクサー映画に登場する人間キャラクターが「ひどい出来だ」とこきおろした。それに対し、ジョブスは「うちの映画が、『アトランティス』や『ラマになった王様』や『トレジャー・プラネット』などの傑作の域に及ばないことは認めるよ」と、ディズニーの一連の失敗作を引き合いに出して応酬している。なお、ジョブスによると、現在ピクサーでは現在8名の監督がオリジナル映画を手がけており、今後は、1年間に複数の作品を公開する可能性もあるという。また、ディズニーが単独で製作することを決定した「トイ・ストーリー3」や、「モンスターズ・インク」や「ファインディング・ニモ」、「Mr.インクレディブル」などの続編企画にもピクサーは一切関与しないと宣言した。

ちなみに、11日に開かれたディズニーの年次株主総会で、アイズナーは「ピクサーとの共同製作はぜひとも続けていきたい」とコメントしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi