スコセッシ&ディカプリオが黒澤作品をリメイク! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年2月15日 > スコセッシ&ディカプリオが黒澤作品をリメイク!
メニュー

スコセッシ&ディカプリオが黒澤作品をリメイク!

2005年2月15日 12:00

「アビエイター」撮影時の スコセッシ&ディカプリオ「アビエイター」

「アビエイター」撮影時の
スコセッシ&ディカプリオ
[拡大画像]

黒澤明監督の「酔いどれ天使」(48)のリメイク企画が、ハリウッドで進行していることが明らかになった。企画開発をしているのは、レオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイと、マーティン・スコセッシ監督の長年のパートナーであるプロデューサー、バーバラ・デ・フィーナで、マーティン・スコセッシが監督するディカプリオ主演作として準備が行われている。実現すれば、「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」、そして、まもなくクランクインする「インファナル・アフェア」のリメイク「ザ・ディパーテッド」に続き、4度目のコラボレーションとなる。脚本は、「グラディエーター」「アビエイター」の脚本家ジョン・ローガンが担当する予定。

「酔いどれ天使」は、戦後の闇市を舞台に、結核にかかった若いチンピラ(三船敏郎)と飲んだくれの医師(志村喬)との交流を描いた作品で、ディカプリオは三船が演じたチンピラを演じる予定。

スコセッシ監督は熱烈な黒澤ファンとしても知られており、「」(90)にはゴッホ役として出演を果たしていた。またスコセッシ監督は、遠藤周作の「沈黙」(新潮文庫)の映画化も検討中とのこと。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi