「俺は象使いになる」!柳楽くんの「星になった少年」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年2月15日 > 「俺は象使いになる」!柳楽くんの「星になった少年」
メニュー

「俺は象使いになる」!柳楽くんの「星になった少年」

2005年2月15日 12:00

象にまたがった柳楽と出演者ら (前列左より)蒼井優、高橋克実、常盤貴子、倍賞美津子「星になった少年」

象にまたがった柳楽と出演者ら
(前列左より)蒼井優、高橋克実、常盤貴子、倍賞美津子
[拡大画像]

日本で初めての象使いを目指しながら、志半ばで夭折した少年の生涯を描いた実話「ちび象ランディと星になった少年」(坂本小百合著)を映画化した「星になった少年/Shining Boy and Little Randy」がクランクアップ。2月15日、東京・成城の東宝スタジオにて会見が行われ、本作で初メガホンを取った河毛俊作監督、主演の柳楽優弥常盤貴子らスタッフ・キャストが本作の魅力を語った。

本物の象使いと同じ技量を求められた柳楽くんは、タイの象訓練センターなどで5カ月近い訓練を行ったそうだが、「『最初は象なんて乗れねえよ』と思ったけど、撮影が終わる頃には『俺は象使いになる』と思ったくらい好きになりました」と、撮影を通してすっかり象の魅力にはまった心境を語った。また、柳楽くんの母親役を演じた常盤も「象たちがいると本当に現場が穏やかでした。映画を観てもらう皆さんにもきっと彼らの魅力が十分に伝わると思うし、今年の夏は象ブームが起きるのでは?」と目を輝かせた。

一方、製作陣は「今年の夏は宇宙からの侵略者や宇宙での戦争を描いた洋画の大作が控えているが、『星になった少年』は、緑あふれる地球で共生する人と動物の姿を訴えるので全く怖くありません」(亀山千広プロデューサー)、「最近少なかった、老若男女全ての世代に訴えかけられる作品。この夏の勝負作です」(東宝・島谷能成常務)と、口々に自信を見せた。80年代に「南極物語」や「子猫物語」などの動物映画で一世を風靡したフジテレビがプロデュースする本作に注目したい。7月16日ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi