「THE JUON/呪怨」の主演女優、「和食を食べ過ぎて太ったわ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年2月1日 > 「THE JUON/呪怨」の主演女優、「和食を食べ過ぎて太ったわ」
メニュー

「THE JUON/呪怨」の主演女優、「和食を食べ過ぎて太ったわ」

2005年2月1日 12:00

清水崇監督とサラ・ミシェル・ゲラー「THE JUON 呪怨」

清水崇監督とサラ・ミシェル・ゲラー
[拡大画像]

日本人監督として初めて、全米ボックスオフィスのナンバーワンの座を射止めた清水崇監督のハリウッド版「THE JUON/呪怨」。日本公開を今月11日に控えて、主演のサラ・ミシェル・ゲラーが来日。2月1日、プロデューサーの一瀬隆重、清水監督と共に、東京・新宿のパークハイアット東京で記者会見を行なった。

サラ・ミシェル・ゲラーは本作の撮影に参加して、「私たちの知らない東京が見られたし、とても楽しかったわ。相撲も見たし、京都や箱根にも行きました。でも和食を食べ過ぎて、日本に持参してきたジーンズすべてが穿けなくなり、日本からサイズの大きなものを新たにアメリカにオーダーしました」と笑顔で語った。

一方、清水監督は「ハリウッドで製作して、最も大変だったことは?」と聞かれ、「(プロデューサーの)サム(・ライミ)は自分のビジョンを貫けと多くの面でサポートしてくれたが、スタジオのプロデューサー陣が、もっとわかりやすい典型的なものを求めてきました。やはり、そこで衝突がありましたね」と裏話を披露。映画製作を始めて21年にして、ようやく全米ナンバーワンを取れたという一瀬プロデューサーは「日本に来たことがないアメリカ人に『日本は怖いところだから、行くのをやめよう』と思わせようと言ってまして、その点に関しては成功したと思います」と語り、会場から笑いがこぼれた。2月11日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi