「アレキサンダー」が「バットマン」と戦って骨折? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年1月18日 > 「アレキサンダー」が「バットマン」と戦って骨折?
メニュー

「アレキサンダー」が「バットマン」と戦って骨折?

2005年1月18日 12:00

オリバー・ストーン監督(左)とコリン・ファレル「アレキサンダー」

オリバー・ストーン監督(左)とコリン・ファレル
[拡大画像]

史上初めて世界を統一した歴史上の王の謎に迫る超大作「アレキサンダー」のPRのため来日したアカデミー賞監督オリバー・ストーンと主演のコリン・ファレルが、1月14日、東京・新宿のパークハイアット東京で記者会見を行った。

今回が初来日となるファレルは、2300年前に実在した偉大な王を演じたことに対し、「1年前に撮り終えてから2作も映画を撮っているのに、いまだにアレキサンダーを自分の中に感じるよ」と役への入れ込み様を熱く語った。また、撮影中に骨折したことを聞かれると「実はあれは撮影中じゃなくて、(共演者の)バル・キルマーと飲んでたときの怪我なんだ。バットマンとは飲まない事だね」と告白した。

一方、「エニイ・ギブン・サンデー」以来5年ぶりの来日となったオリバー・ストーン監督は、少年の頃から自身のヒーローであったアレキサンダー王の魅力について「歴史上、彼ほどのことをやってのけた人物はいないんだ。誰も持たない視点で世界を見て、32歳で帝国を築き上げた。僕が今まで読んできた物語の中で一番エキサイティングな物語だ。そして何が凄いって、これは実話なんだよ。『グラディエーター』や『トロイ』とは違うんだ!」と自信たっぷりに語った。2月5日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi