全米監督協会賞、候補にスコセッシ、イーストウッドなど : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年1月11日 > 全米監督協会賞、候補にスコセッシ、イーストウッドなど
メニュー

全米監督協会賞、候補にスコセッシ、イーストウッドなど

2005年1月11日 12:00

全米監督協会(Directors Guild of America)に所属している会員が最優秀監督を選ぶ、全米監督協会賞のノミネートが発表された。選ばれたのは、マーティン・スコセッシ監督(「アビエイター」)、クリント・イーストウッド監督(「ミリオンダラー・ベイビー」)、マーク・フォスター監督(「ネバーランド」)、テイラー・ハックフォード監督(「レイ」)、アレクサンダー・ペイン監督(「サイドウェイズ」)の5名。最優秀監督賞は、1月29日に行われる授賞式で発表される。

ちなみに、過去56年の歴史のなかで、全米監督協会賞受賞者がアカデミー賞監督賞に輝いたケースは50回。今回のノミネートの中では、イーストウッド監督が93年に「許されざる者」で受賞、ハックフォード監督は82年の「愛と青春の旅だち」でノミネートされていた。スコセッシ監督は、これまで「タクシー・ドライバー」「レイジング・ブル」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などで全米監督協会賞に5回、アカデミー賞に4回ノミネートされているが、受賞経験はまだない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi