「戦艦ポチョムキン」が完全版となって上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年1月4日 > 「戦艦ポチョムキン」が完全版となって上映
メニュー

「戦艦ポチョムキン」が完全版となって上映

2005年1月4日 12:00

映画史に残るサイレント映画の傑作「戦艦ポチョムキン」(セルゲイ・エイゼンシュテイン監督)が、完全版となってベルリン映画祭で公開されることになった。今回、映画祭の目玉として再上映されるバージョンは、1925年公開版をデジタル修復し、さらに当時ソ連政府から削除を命じられたシーンを付け加えた、まさに完全版。2月12日と13日に、フルオーケストラの演奏とともに上映される。ちなみに、同作の「オデッサの階段の虐殺」場面が、ブライアン・デ・パルマ監督の「アンタッチャブル」の乳母車のシーンに引用されたのは有名な話。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi