クリスマスに東京が大停電する映画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年12月21日 > クリスマスに東京が大停電する映画
メニュー

クリスマスに東京が大停電する映画

2004年12月21日 12:00

(左より)相沢友子、源孝志、永田鉄男、荒木美也子「大停電の夜に」

(左より)相沢友子、源孝志、永田鉄男、荒木美也子
[拡大画像]

03年の8月にニューヨーク及びアメリカ北東部で起った大規模な停電にインスパイアされ「もしクリスマスに東京に大停電が起ったら」というコンセプトの元、製作されることになったという「大停電の夜に」。12月21日、六本木アカデミーヒルズ(東京・六本木)にて本作のプロジェクト発表記者会見が行われ、監督・脚本の源孝志(「東京タワー」)、ジャン=ピエール・ジュネ、ヤン・クーネン監督らと共にフランス映画界で活躍する撮影監督の永田鉄男、脚本家の相沢友子、プロデューサーの荒木美也子(「雨あがる」「阿弥陀堂だより」)が来場した。

来年初頭に公開される「東京タワー」で映画デビューを飾り、本作が2本目の劇場映画となる源孝志監督は「14人のキャラクターが東京の人物の代表となってスクリーンに登場し、すべての世代の人が14人の中の誰かしらに感情移入できる作品になっている」と語り、脚本の相沢友子は「もし、大停電が起こらなかったら、知り合うことのない関係」というのを念頭において書いたとコメント。永田鉄男撮影監督は「初めはリアリズムで画を作ろうと考えていたが、真っ暗の中で撮影するということは無理なので、ある程度ファンタジー的な作品になりそう」と作品の全体像を明かした。

気になるキャストには豊川悦司田口トモロヲ吉川晃司のほか、原田知世寺島しのぶ井川遥宇津井健など。現在すでに撮入しており、来年1月にクランクアップ、同年クリスマスに公開予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi