「ホワイト・ライズ」のジョシュ・ハートネット来日。出演作の決め手は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年12月7日 > 「ホワイト・ライズ」のジョシュ・ハートネット来日。出演作の決め手は?
メニュー

「ホワイト・ライズ」のジョシュ・ハートネット来日。出演作の決め手は?

2004年12月7日 12:00

ジョシュ・ハートネット「ホワイト・ライズ」

ジョシュ・ハートネット
[拡大画像]

「パラサイト」や「ヴァージン・スーサイズ」で注目され、近年は「パール・ハーバー」「ブラックホーク・ダウン」といった大作でも活躍するジョシュ・ハートネットの主演最新作「ホワイト・ライズ」が、12月11日からシネスイッチ銀座ほかで公開される。それに先立ち、来日したハートネットに話を聞いた。

本作は、相思相愛だった恋人リサ(ダイアン・クルーガー)が突然姿を消してから2年、彼女との日々は過去になりつつあった主人公マシュー(ハートネット)が、偶然、街でリサを見かけて後を追うと、リサと同名の女性(ローズ・バーン)と出会い、3人の運命が交錯していく……というもの。物語は、幸福だった過去と、リサを求めて街をさまよう現在を交互に描く。「マシューはリサが去ったことで全てを失ってしまうんだ。野心もなにもかもね。あまりにも傷ついたから、現在は安定した生活を求める男になっているが、リサといた頃の彼は、若さや夢にあふれている。そう考えて演じ分けたつもりだよ」

出演作を決める要素として、「監督、キャラクター、ストーリー」を重視するというハートネットは、本作のポール・マクギガン監督を「とても才能豊かで、素晴らしいビジュアルセンスを持っている。彼は同世代の監督の中で、将来必ず傑出した存在になると確信している」と絶賛。既にコンビを組む2作目も準備に入っているそうで、髭を貯えているのもその役作りのためだとか。

また、本作はヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ主演のフランス映画「アパートメント」(96)のリメイクでもあるが、「実はオリジナルのラストはちょっと納得できかなったんだ。だから今回はオリジナルと別物だと思ってるよ」と語った。両者を見比べてみるのも一興だろう。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi