ブルース・ウィリス、製作スタジオを訴える : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月30日 > ブルース・ウィリス、製作スタジオを訴える
メニュー

ブルース・ウィリス、製作スタジオを訴える

2004年11月30日 12:00

ブルース・ウィリスが、「ティアーズ・オブ・ザ・サン」を製作したレボリューション・スタジオと、同作の特殊効果の責任者を訴えた。ブルース・ウィリスの主張によると、02年に行った銃撃シーンの撮影中に、「発射物」が額に当たり傷を負ったという。スタッフがスタント用の装置の点検を怠ったための事故と主張するウィリスは、精神的かつ肉体的苦痛に対する損害賠償を求めている。

ゴシカ」で骨折したハル・ベリーや、「ムーラン・ルージュ」であばらにひびが入ったニコール・キッドマンなど、主演俳優の撮影現場でのけがは決して珍しくないが、訴訟に発展するケースはきわめて異例。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi