「THE JUON/呪怨」全米大ヒット凱旋会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月30日 > 「THE JUON/呪怨」全米大ヒット凱旋会見
メニュー

「THE JUON/呪怨」全米大ヒット凱旋会見

2004年11月30日 12:00

清水崇監督「呪怨」

清水崇監督
[拡大画像]

今年の10月、日本産ホラー映画「呪怨」のリメイク版として全米公開され、見事ナンバーワン・ヒットを記録した「THE JUON/呪怨(英題:The Grudge)」。その披露試写会と記者会見が、11月29日、東京・新宿歌舞伎町の新宿東急にて行われ、清水崇監督が出席した。

日本人監督として、初めて全米ボックスオフィスで2週連続ナンバーワンを記録し、現在も1億ドルを超える大ヒットを続けている本作は、「スパイダーマン」の監督として知られるサム・ライミがプロデューサー。オリジナル版と同じ清水崇が監督し、その殆どを東京で撮影したという異色の作品だ。初めは「内容も舞台も殆ど同じで、僕自身がセルフリメイクする理由が分からなかった」という清水監督だが、「死霊のはらわた」などホラーの名手サム・ライミに「ハリウッドに新たなテイストを持ち込んで欲しい」と説得され、今回の監督を引き受けたとのこと。

だが、出来上がったバージョンをスタジオ側に見せたところ、「きわどい描写が多すぎる」とダメ出しをくらい、多少怖さを控えめに編集し直したのが、この日上映されたインターナショナル・バージョンとのこと。日本公開の際には、元来の怖さのままのディレクターズ・カット・バージョンが公開されるという。

一躍ハリウッドのヒットメーカーとなり、多くのオファーが届いているという清水監督だが、「ハリウッドだからといって、そんなにいい企画があるわけではなく、大体が続編かリメイクの話」といたって冷静。「場所とタイミングを見計らって、いい作品を撮っていきたい」と語っていた。「THE JUON/呪怨」は来春日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi