映画版「ウォッチメン」、監督決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月30日 > 映画版「ウォッチメン」、監督決定
メニュー

映画版「ウォッチメン」、監督決定

2004年11月30日 12:00

イギリスの鬼才アラン・ムーアの人気コミック「ウォッチメン」の映画化の監督に、「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラスに決定したようだ。本作は、「X-MEN」シリーズや「スコーピオン・キング」のデビッド・ヘイターが脚本を執筆、「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキー監督でプロジェクトが進められていたが、アロノフスキー監督が急遽降板。その後、監督捜しに難航していた。製作を手がけるパラマウント映画は、06年夏の公開を目指しているという。

ウォッチメン」は、87年にDCコミックから発表されたムーアの代表作。舞台はヒーロー活動が禁止された近未来で、かつてヒーローだった男が殺された事件をきっかけに大きな陰謀が明らかになるという、スーパー・ヒーローの存在意義を問い直した作品。SFとしての評価も高く、アメコミとしては唯一、SFファンたちの一般投票で選ばれるヒューゴー賞を受賞している。

ちなみに、アラン・ムーア原作の映画は、「フロム・ヘル」「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」、そして「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟がプロデュースを手がける「V for Vendetta」がある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi