純粋で野蛮な映画「東京タワー」完成記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月24日 > 純粋で野蛮な映画「東京タワー」完成記者会見
メニュー

純粋で野蛮な映画「東京タワー」完成記者会見

2004年11月24日 12:00

主演の黒木瞳

主演の黒木瞳
[拡大画像]

江國香織原作の同名小説を映画化した純愛映画「東京タワー」の完成記者会見が、11月17日、東京・芝の東京プリンスホテルにて行われ、源孝志監督以下、黒木瞳岡田准一松本潤寺島しのぶが出席した。

本作は、セレクトショップを経営する美貌の人妻と21歳の青年、その青年の友人と家庭に不満を抱えた主婦の、2組のカップルの恋の行方を描く。源監督はこの作品について、「試写を観た江國さんが『純粋で野蛮な映画ね』とおっしゃっていた。これは製作サイドの意図通りなので、作品が成功したことを感じている」とコメント。また、タイトルにもなっている東京タワーのイメージについて聞かれた出席者は、「夢のシンボル」(黒木)、「東京の象徴」(岡田、源監督)と回答した。そして自身の恋愛観について質問された黒木は「いつでも恋をしていたい。何度も恋に落ちたし、これからも落ち続けたいと思います。なんちゃって」と笑顔で答え、取材陣を沸かせていた。「東京タワー」は05年1月15日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi