「イノセンス」がアカデミー賞アニメ部門対象作品に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年11月9日 > 「イノセンス」がアカデミー賞アニメ部門対象作品に
メニュー

「イノセンス」がアカデミー賞アニメ部門対象作品に

2004年11月9日 12:00

米映画芸術科学アカデミーは4日、第77回アカデミー賞長編アニメーション部門に出品資格のある作品を発表した。先週末、全米で爆発的なオープニングを記録したピクサー&ディズニーの「Mr.インクレディブル」を始め、ドリームワークスの「シュレック2」と「シャーク・テイル」、ワーナーの「ポーラー・エクスプレス」など有資格作品は合計11本で、日本からは押井守監督の「イノセンス」がエントリーしている。

対象に選ばれた11作品は以下の通り。

「Clifford's Really Big Movie」

「Disney's Teacher's Pet」

イノセンス

「Home on the Range」

Mr.インクレディブル

「The Legend of Buddha」

ポーラー・エクスプレス

シュレック2

シャーク・テイル

「Sky Blue」

「The SpongeBob SquarePants Movie」

この中から正式にノミネートされるのはわずか3本。限定公開の「イノセンス」にとっては狭き門となりそうだ。

アカデミー賞長編アニメーション部門へ出品するためには、70分以上の長編で、映画の中の75%以上がアニメーション(セル、ストップモーション、CG、粘土、人形、ピクセル、切り絵のいずれか)で占められており、その年の12月31日までにロサンゼルスで劇場公開されている必要がある。

注目の「チーム・アメリカ/ワールドポリス」は残念ながら落選。その理由としてアカデミーは「人形による実写映画としてとらえられたため、選外とした」と説明している。「チーム・アメリカ」は、他部門に関しては資格を有したままで、実写部門への可能性はまだ残されている。アカデミー賞ノミネートの発表は05年1月25日、授賞式は2月27日に開催される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi