マドンナ、ベッソン映画に声の出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月26日 > マドンナ、ベッソン映画に声の出演
メニュー

マドンナ、ベッソン映画に声の出演

2004年10月26日 12:00

リュック・ベッソン監督・脚本の3Dアニメ「アーサー」で、マドンナが声優を務めることになりそうだ。これはベッソン自身が書いた児童小説「アーサーとミニモイたち」の映画化で、10歳の誕生日を迎えたアーサーが、4年前に姿を消してしまった祖父が残したメッセージを見つけ、“ミニモイ”という体長2ミリほどの小さな種族の住む世界に旅立つ、という冒険ファンタジー。マドンナは、アーサーと共に旅をするセレニア王女を演じるという。

本作は3Dアニメではあるが、実写のシーンも含まれる模様。予算は8000万ドル(約90億円)、公開は06年の予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi