「2046」の現場で、キムタクをリラックスさせたのは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月19日 > 「2046」の現場で、キムタクをリラックスさせたのは?
メニュー

「2046」の現場で、キムタクをリラックスさせたのは?

2004年10月19日 12:00

(左より)チャン・チェン、トニー・レオン「2046」

(左より)チャン・チェン、トニー・レオン
[拡大画像]

アジアスターの豪華共演が実現しながらも、完成までに5年を要し、今年のカンヌ映画祭ではフィルムの到着が上映時間に遅れるというハプニングも起こったウォン・カーウァイ監督最新作「2046」。同作の日本公開にあたり、10月19日、記者会見が東京・新宿のパークハイアット東京で開かれ、主演のトニー・レオン以下、木村拓哉チャン・チェンが出席した。

なんといっても、日本では木村拓哉初の海外進出作として注目を集めている本作だが、当の木村は「海外だからとか、日本だからといったことより、このような作品に出演するタイミングに恵まれたことが何より」とし、「(国の内外にこだわらず)物作りに情熱を持った人と仕事を出来ることが幸せだと思う」と述べた。既に国際的な俳優として活躍してるトニーは、木村を「彼はとても順応性が高く、すぐに上手にこなした。それにとてもチャーミングでエネルギッシュだ」と称したが、それに対して木村は「撮影開始当初、まだ落ち着いていなかった自分をリラックスさせてくれたのがトニーで、彼は表現者としても人間としても尊敬している」と返していた。10月23日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi