「ハリポタ」第6巻で、死ぬのは誰だ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月12日 > 「ハリポタ」第6巻で、死ぬのは誰だ?
メニュー

「ハリポタ」第6巻で、死ぬのは誰だ?

2004年10月12日 12:00

「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリングが8日、来年発売予定の第6巻「Harry Potter and the Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと混血の王子)」で、登場人物の1人が死亡することを明らかにした。誰が死ぬかは不明。

これは、ローリングが自身のオフィシャルサイトに寄せられたファンからの質問に答えたもの。「他にも誰か殺すつもりですか?」との問いに、「ええ、残念ながら」と返している。

ローリングは以前、主人公のハリーは最終章の第7巻まで生き残ると語っているため、死亡するのがハリーでないことは確か。しかし、ローリングは、ハリーが大人になるかどうかについては明言を避けている。

なお、これまでのシリーズでは、第4巻「炎のゴブレット」、第5巻「不死鳥の騎士団」でそれぞれ1人ずつキャラクターが死亡しており、ローリングもそれぞれの出版前に「誰かが死ぬ」ことは認めているが、それが誰であるかはもちろん明かしていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi