ショーン・コネリーが引退宣言? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年10月5日 > ショーン・コネリーが引退宣言?
メニュー

ショーン・コネリーが引退宣言?

2004年10月5日 12:00

ハリウッドでは、ショーン・コネリーが映画から引退するのではないかとの憶測が流れている。来年2月にクランクイン予定のサスペンス映画「ジョサイアズ・キャノン」(ブレット・ラトナー監督)から突如降板を表明したショーン・コネリーは、「回想録の執筆に時間を費やしたいため」との声明を発表したが、バラエティ紙にコメントを寄せた知人によると、本当の降板理由は、コネリーが大作映画への興味を失ったためだという。コネリーの本作への出演料は1750万ドル(約19億円)。撮影は2月からプラハでスタートする予定だった。

コネリーは、「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」の撮影中、スティーブン・ノリントン監督と激しく対立し、その後も「エンド・ゲーム」という企画を巡って、マンダレイ・エンタテインメントと訴訟合戦をしたため、映画製作へ戻る気分ではなくなってしまったのだとか。ちなみに回想録の執筆は、今月から始まったそうだ。ラトナー監督は、早速コネリーの代役探しに取りかかっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi