ラモーンズのギタリスト、ガンで死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年9月21日 > ラモーンズのギタリスト、ガンで死去
メニュー

ラモーンズのギタリスト、ガンで死去

2004年9月21日 12:00

ジョニー・ラモーン

ジョニー・ラモーン
[拡大画像]

ニューヨーク・パンクを代表するバンド「ラモーンズ」のギタリストで、リーダー的存在だったジョニー・ラモーン(本名ジョン・カミングス)が、15日、ロサンゼルスの自宅で死去した。享年55歳。ジョニーは、5年前から前立腺ガンとの闘病生活を送っていた。臨終には妻リンダをはじめ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズジョン・フルシアンテパール・ジャムエディ・ベダーリサ・マリー・プレスリービンセント・ギャロらが立ち会ったという。

12日には、バンド誕生30周年を記念し、ロサンゼルスでガン研究の基金を集めるコンサートが開催されたばかり。コンサートでは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズセックス・ピストルズパール・ジャムのメンバー、バッド・レリジョンらが演奏を披露。ジョニーは、観客に向けて電話でメッセージを寄せていた。

74年に結成されたラモーンズは、「ブリッツクリーグ・バップ」「アイ・ウォナ・ビー・シディテッド」などのヒット曲を残しながらも、メインストリームでの成功には恵まれなかった。バンドは96年に解散したが、02年にはロックの殿堂入りを果たしている。ラモーンズのメンバーは、01年にボーカルのジョーイ・ラモーンがリンパ腺ガンで、02年にはベースのディー・ディー・ラモーンが薬物の過剰摂取で亡くなっていた。

11月下旬には、音楽やメンバー、そしてバンド内の確執について、彼ら自身が語ったドキュメンタリー「END OF THE CENTURY」が日本公開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi