スピルバーグ&ハンクスも来日。第17回東京国際映画祭 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年9月14日 > スピルバーグ&ハンクスも来日。第17回東京国際映画祭
メニュー

スピルバーグ&ハンクスも来日。第17回東京国際映画祭

2004年9月14日 12:00

(左より)山田洋次監督、「隠し剣~」主演の永瀬正敏 角川歴彦ゼネラルプロデューサー「隠し剣 鬼の爪」

(左より)山田洋次監督、「隠し剣~」主演の永瀬正敏
角川歴彦ゼネラルプロデューサー
[拡大画像]

今年で17回目を迎える東京国際映画祭の上映作品が決定し、9月13日、六本木アカデミーヒルズで開かれた記者会見で、映画祭の角川歴彦ゼネラルプロデューサー(GP)らが詳細を発表した。

角川氏が「西のカンヌ、東の東京と呼ばれるようにしたい」と意気込みを語る今年の映画祭は、グランプリを競うコンペティション部門では15本、アジア映画にスポットを当てた「アジアの風」部門は30本以上を上映。特別招待作品は23本で、開幕を飾るオープニング作品に山田洋次監督の「隠し剣 鬼の爪」、オープニング・ナイト作品には宮崎駿監督の「ハウルの動く城」が決定。クロージング作品にはスティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の「ターミナル」が選ばれ、これに合わせて、スピルバーグとハンクスも来日する予定だ。同時に、コンペティション部門の審査委員長を山田洋次監督が務めることも発表され、会見場に現れた山田監督は、「映画を評価しながら見るのは好きではないが、角川GPの熱意と私の映画作りのコンセプトに共通するものを感じたので引き受けた。実りあるコンペにしたい」と抱負を語った。さらに今年からは上記の3部門に加え「日本映画・ある視点」部門を新設。同部門のオープニングには、宮部みゆき原作、大林宣彦監督の「理由」が上映される。

第17回東京国際映画祭は、10月23日から31日まで、六本木ヒルズと渋谷Bunkamuraをメイン会場に開催。また、今年からは幕張メッセで「東京国際エンタテインメントマーケット(エンタマ)」、六本木ヒルズで「東京国際フィルム&コンテンツマーケット(TiFCOM)」という2つのフィルムマーケットも併設され、このうちコミック、アニメ、ゲームなどを対象にした「エンタマ」は、一般客も来場可能となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi