ベネチア映画祭閉幕。「ハウル」も一応受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年9月14日 > ベネチア映画祭閉幕。「ハウル」も一応受賞
メニュー

ベネチア映画祭閉幕。「ハウル」も一応受賞

2004年9月14日 12:00

イタリアのベネチアで開かれていた第61回ベネチア国際映画祭が11日(現地時間)に閉幕。最高賞にあたる金獅子賞には「秘密と嘘」等で知られるイギリスの巨匠マイク・リー監督の「ベラ・ドレイク」が決定した。コンペティション部門は「ベラ・ドレイク」の他、韓国のキム・ギドク監督の「空き家」、アレハンドロ・アメナバール監督の「ザ・シー・インサイド」、そして宮崎駿監督の「ハウルの動く城」と4つの作品が競合する大接戦で、審査委員長を務めた「脱出」「エクスカリバー」などで有名なジョン・ブアマン監督は最後の最後まで悩んだという。

金獅子賞に輝いた「ベラ・ドレイク」は、50年代のイギリスを舞台に、望まない妊娠をした貧しい少女や女性を助けるために違法であると知りながら中絶手術の手伝いをする女性に焦点を当てた重厚なドラマ。本作の主人公を演じたイメルダ・スタントンは最優秀女優賞も受賞した。なお「ハウルの動く城」は、オゼッラ賞(技術貢献賞)を受賞した。主な受賞結果は以下の通り。

金獅子賞

ベラ・ドレイク」(マイク・リー監督)

審査員大賞・銀獅子賞

「ザ・シー・インサイド」(アレハンドロ・アメナバール監督)

監督賞・銀獅子賞

キム・ギドク(「空き家」)

最優秀女優賞

イメルダ・スタントン(「ベラ・ドレイク」)

最優秀女優賞

ハビエル・バルデム(「ザ・シー・インサイド」)

マルチェロ・マストロヤンニ

(新人俳優賞)

マルコ・ルイージ、トマソ・ラメンギ

(「ワーキング・スローリー」)

国際批評家連盟賞

キム・ギドク(「空き家」)

オゼッラ賞(技術貢献賞)

ハウルの動く城」(宮崎駿監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi