イラク戦争のドキュメンタリーが公開中止に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年9月7日 > イラク戦争のドキュメンタリーが公開中止に
メニュー

イラク戦争のドキュメンタリーが公開中止に

2004年9月7日 12:00

湾岸戦争を舞台にした「スリー・キングス」の再上映に合わせて、デビッド・O・ラッセル監督がイラク戦争をテーマにしたドキュメンタリー「Soldiers Pay」を製作したが、「スリー・キングス」を製作したワーナー・ブラザースは、同ドキュメンタリーの公開を見合わせると発表した。ワーナーの広報は「『スリー・キングス』と一緒に、個人的な政治主張を公開するのは不適切だと考えた」とコメントしている。

もともとこのドキュメンタリーは、「スリー・キングス」の特別版DVDの発売を盛り上げるための劇場再公開と併映される予定だったが、劇場公開はおろか、特別版DVDへの収録も見合わされることになった。今回の決断についてワーナーは、「政治的主張のはっきりした映画を大統領選直前に公開すると、選挙法違反になる可能性があったからだ」と語っているが、イラク難民や人道支援関係者、退役軍人などのインタビューをまとめた「Soldiers Pay」は、戦争がイラクの人々にどんな影響をもたらしたのかを焦点にしており、「華氏911」ほどあからさまにブッシュ批判をしていないとラッセル監督は主張している。

現在、ラッセル監督は新たな配給先を検討中で、米AOLタイムワーナー傘下のケーブルテレビ局HBOや、リベラル系政治サイトMoveOn.orgでの公開が有力視されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi