トム・クルーズの娘役を勝ち取ったのは、やっぱりこの娘! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年9月7日 > トム・クルーズの娘役を勝ち取ったのは、やっぱりこの娘!
メニュー

トム・クルーズの娘役を勝ち取ったのは、やっぱりこの娘!

2004年9月7日 12:00

超売れっ子「宇宙戦争」

超売れっ子
[拡大画像]

人気子役ダコタ・ファニングが、スティーブン・スピルバーグ監督が手がける「宇宙戦争」(H・G・ウェルズ原作)の再映画化「ウォー・オブ・ザ・ワールズ」で、トム・クルーズの娘役を演じることが明らかになった。ファニングがこれまでに共演した俳優は、ショーン・ペン(「I am Sam/アイ・アム・サム」)、デンゼル・ワシントン(「マイ・ボディガード」)、ロバート・デ・ニーロ(「Hide and Seek」)など演技派ばかり。現在は、4つの出演作が製作中で、スピルバーグ率いるドリームワークスが企画中の「不思議の国のアリス」の映画化でも主役候補の筆頭に挙がっており、弱冠10歳にしてハリウッドでもっとも忙しい女優となった。

「ウォー・オブ・ザ・ワールズ」は、パラマウント・ピクチャーズとドリームワークスの共同製作で、脚本は「スパイダーマン」のデビッド・コープが担当。11月に撮影を開始し、05年に全米公開予定となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi