アテネも魅了したイーモウ監督、違う作品で日米同時首位の偉業 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月31日 > アテネも魅了したイーモウ監督、違う作品で日米同時首位の偉業
メニュー

アテネも魅了したイーモウ監督、違う作品で日米同時首位の偉業

2004年8月31日 12:00

日本で初登場1位を記録した「LOVERS」「HERO」

日本で初登場1位を記録した「LOVERS」
[拡大画像]

メダルラッシュで日本中を興奮と睡眠不足に巻き込んだアテネ五輪も閉幕したが、この閉会式で、次回北京五輪へとバトンタッチするパートの演出を担当したのが、映画監督のチャン・イーモウチャン・イーモウ監督と言えば、87年の監督デビュー作「紅いコーリャン」以降、「紅夢」「秋菊の物語」などで世界の映画祭を席巻してきた名匠だが、昨年はジェット・リートニー・レオンマギー・チャンといったアジアの人気スターを揃えて撮ったワイヤーアクション「HERO」が日本でも大ヒットしたことで、一気にビッグネームに祭り上げられた監督である。


チャン・イーモウ監督「HERO」

チャン・イーモウ監督
[拡大画像]

そのイーモウ監督の最新作「LOVERS」は、金城武チャン・ツィイーアンディ・ラウといったスターの競演も話題となり、8月28日に日本公開され、週末の興行ランキングで見事1位を記録した。そして驚くべきことに同じ週末、アメリカでは「HERO」が全米でおよそ2000スクリーンの規模で公開され、これまた見事に興行ランキング1位を記録したのである。“日米同時ナンバーワン”というのは映画の世界ではもはや珍しくないが、同じ監督の別の作品が日米でそれぞれ1位に輝くというのは極めて異例。「HERO」は、全米配給を行うミラマックスが公開権取得後1年以上寝かし続け、この度“クエンティン・タランティーノ・プレゼンツ”と銘打って公開。その甲斐あって、外国語映画としては北米市場で歴代2位(1位は今年2月の「パッション」)のオープニング記録を樹立している。この勢いが続けば、来年のオスカー・レースの台風の目になるかも知れない。

(C)2004 Elite Group (2003) Enterprises Inc.

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi