最新作が遂にベールを脱ぐ!M・ナイト・シャマラン初来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月24日 > 最新作が遂にベールを脱ぐ!M・ナイト・シャマラン初来日
メニュー

最新作が遂にベールを脱ぐ!M・ナイト・シャマラン初来日

2004年8月24日 12:00

M・ナイト・シャマラン監督(左)と ブライス・ダラス・ハワード「サイン」

M・ナイト・シャマラン監督(左)と
ブライス・ダラス・ハワード
[拡大画像]

シックス・センス」「サイン」のヒットメーカー、M・ナイト・シャマラン監督が、最新作「ヴィレッジ」のPRのため初来日。8月24日、主演のブライス・ダラス・ハワードとともに、東京・新宿のパークハイアット東京で会見を開いた。

シャマラン監督といえば、その作品は常に秘密のベールに包まれ、物語のラストにサプライズが用意されているのが定番。監督は、観客が毎回どんでん返しを期待していることを「そうした期待があることは知っている」と認識しながらも、「私は常に自分がその時感じていること、考えていることをテーマに、自分に忠実に映画を作っている。『サイン』では、信仰への迷いをどのように取り戻すべきかということを、そして『ヴィレッジ』では、愛というものが何よりも強いということを描きたかった」と、自身の映画作りのスタンスについて語った。

一方のブライス・ダラス・ハワードは、本格的な映画初出演でいきなりシャマラン監督作品の主演に抜擢された注目株だが、実父でアカデミー賞監督のロン・ハワードに「とてもラッキーなこと。絶対にこれが当たり前だと思うな」と、常に言い聞かされたという。また、「シャマラン監督のような素晴らしい才能を持った人と仕事ができるのだから、彼の言う通りにやっていけばいい」と助言を受けたそうだが、完成した映画を観た時は「父は父なりに私の仕事に誇りをもってくれたようです」とのこと。9月11日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi