ウィンターボトムが初のSF作品に挑んだ「CODE46」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月24日 > ウィンターボトムが初のSF作品に挑んだ「CODE46」
メニュー

ウィンターボトムが初のSF作品に挑んだ「CODE46」

2004年8月24日 12:00

マイケル・ウィンターボトム監督「CODE46」

マイケル・ウィンターボトム監督
[拡大画像]

24アワー・パーティ・ピープル」「イン・ディス・ワールド」と、コンスタントに作品を発表しているマイケル・ウィンターボトム監督が、初のSF映画となる「CODE46」のプロモーションのため来日。12日、東京のホテル西洋銀座にて会見が行われた。

舞台は近未来。クローン技術が進んだ結果、同じ遺伝子を持つ者同士が交わることを規制する必要が出てきた。タイトルの「CODE46」とはそれを禁じる法律のこと。物語は、その法によって翻弄される2人の男女の姿を描く。

「ギリシャ悲劇『オイディプス王』のようなシンプルなラブストーリーが作りたかった」というウィンターボトムは、「近未来を舞台にすれば、幻想的な雰囲気になって、より自由に映画を作れると思った」と、製作過程でSF映画へと変化していったことを明かした。「力のある役者を使いたい」という監督の希望でキャスティングされたのは、サマンサ・モートンティム・ロビンス。「2人にはどこか遺伝子でつながってると思わせる雰囲気があった。同時に、すぐに恋に落ちると思わせない意外性も持ち合わせている。彼ら自身も気づかない、大きな力によって恋に落ちた、というようなね」

近未来でありながら、セットに頼らず上海やドバイで撮影された映像は、郷愁すら呼び起こす。また、テーマはクローンをはじめ、倫理問題にも踏み込んでいるが「いつの時代も、白黒つけられないグレーの部分と折り合いをつけながら人間は生活している。何にでも善悪をつけるのはかえって違和感を感じるな。何かを考えさせる映画は悪くないと思うが、僕自身は、この映画でそういう問いかけをしているつもりはない」と語った。9月11日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi