ディカプリオ、シリアス路線に転向? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月17日 > ディカプリオ、シリアス路線に転向?
メニュー

ディカプリオ、シリアス路線に転向?

2004年8月17日 12:00

もう30歳になるし…「コラテラル」

もう30歳になるし…
[拡大画像]

トム・クルーズ主演の「コラテラル」を完成させたばかりのマイケル・マン監督が、レオナルド・ディカプリオとタッグを組むことが明らかになった。タイトルは「パブリック・エネミーズ」。ブライアン・バロウの同名ノンフィクション小説の映画化で、犯罪はびこる大恐慌時代のアメリカで、FBIがいかにして国家警察権力組織としての地位を築き上げたかを描いたドラマだ。ディカプリオがどの役柄を演じるかは不明。

ちなみに、12月17日に全米公開されるディカプリオ主演の「アビエイター」は、「ギャング・オブ・ニューヨーク」に引き続きマーティン・スコセッシ監督がメガホンを握っているが、当初はマイケル・マンが監督を手がける予定だった。「インサイダー」「アリ」と実話を元にした映画を立て続けに手がけ、同ジャンルに飽きたマイケル・マン監督が、スコセッシ監督にハワード・ヒューズの伝記映画を譲ったのである。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi