シャマラン監督、「ヴィレッジ」で盗作疑惑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月17日 > シャマラン監督、「ヴィレッジ」で盗作疑惑
メニュー

シャマラン監督、「ヴィレッジ」で盗作疑惑

2004年8月17日 12:00

「ヴィレッジ」「ヴィレッジ」

「ヴィレッジ」
[拡大画像]

シックス・センス」「サイン」のヒットメーカー、M・ナイト・シャマラン監督の最新作「ヴィレッジ」に、盗作疑惑が持ち上がっている。アメリカで公開中の同作を見た観客が、95年に発売された児童書「ランニング・アウト・オブ・タイム」との類似点に気づき、著者のマーガレット・ピーターソン・ハディックスに問い合わせたことから盗作疑惑が浮上。自らの目で「ヴィレッジ」を鑑賞したハディックスは、「他の人たちが指摘した通り、共通点を見つけた」という。

共通点についてここでは詳しく書かないが、19世紀の孤立した村という舞台設定から、おてんばの女の子という主人公の設定、さらにはラストのどんでん返しまでが酷似していたという。ロイター通信に対して、ハディックスは、シャマラン監督やブエナビスタと直接話したことはないとして、「とても面白い状況。今後の対応については検討中」とコメントしている。

「ランニング・アウト・オブ・タイム」は8歳から12歳を対象にした児童書で、これまでに50万部以上のセールスをあげている。有名小説であること、さらに、シャマラン監督に2人の子供がいる点を考慮すると、「偶然似てしまった」という説明では苦しそうだ。「ヴィレッジ」を配給するブエナビスタは、「このような主張は、コメントに値しない」と声明を発表している。ちなみに、シャマラン監督は前作「サイン」でも、盗作されたとして脚本家に訴えを起こされており、現在もまだ係争中である。

(C)TOUCHSTONE PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi