ジェニファー・アニストンの新作、トラブルで監督交代 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月17日 > ジェニファー・アニストンの新作、トラブルで監督交代
メニュー

ジェニファー・アニストンの新作、トラブルで監督交代

2004年8月17日 12:00

フレンズ」を卒業したジェニファー・アニストンの主演映画が、トラブルに揺れている。問題の映画は、ジェニファー扮する結婚間近の女性が、自分の祖母が往年の名作「卒業」に登場するロビンソン夫人のモデルだったことに気づくロマンティック・コメディ(タイトル未定)。同作で監督デビューを果たす予定だったテッド・グリフィン(「オーシャンズ11」「マッチスティック・メン」の脚本家)が、撮影10日目にして降板となったのである。情報筋によると、グリフィンは役者の演出をないがしろにして、異常なほどショットにこだわったためスケジュールが遅れる一方だったという。その上、仕上がった映像を見たアニストンが、「ロマンティックな映画の雰囲気にそぐわない」と主張したことから、ベテランのロブ・ライナー監督(「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」)に交代する運びとなった。撮影は19日にも再開される予定。共演は、シャーリー・マクレーンマーク・ラファロケビン・コスナーミーナ・スバーリら。プロデューサーには、ジョージ・クルーニースティーブン・ソダーバーグ監督も名を連ねている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi