監督を横取りされた逆恨み?フォックスが契約破棄 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月10日 > 監督を横取りされた逆恨み?フォックスが契約破棄
メニュー

監督を横取りされた逆恨み?フォックスが契約破棄

2004年8月10日 12:00

20世紀フォックスが、ブライアン・シンガー監督(「ユージュアル・サスペクツ」「X-MEN」)との契約破棄を発表した。大ヒットシリーズ「X-MEN」を生み出してきたシンガー監督は、今年、同シリーズを製作・配給した20世紀フォックスと2年契約を結んだばかりだった。その契約は、シンガー監督の製作会社バッド・ハット・ハリー・プロダクションがディベロップした企画を、20世紀フォックスが優先的に映画化するという内容で、フォックス側がシンガー監督を優遇する契約を結んだ背景には、「X-MEN3」のメガホンを握らせる狙いがあったものと見られている。実際、過去数カ月にわたってシンガー監督を口説いてきたフォックスは、シンガー監督が「X-MEN3」にサインするのも時間の問題と見ていたようだ。だからこそ、先週、新「スーパーマン」の監督がブライアン・シンガーに決定したとの報道を聞いて、相当なショックを受けた模様。フォックスは、バッド・ハット・ハリー・プロダクションとの契約打ち切りを発表したものの、「X-MEN3」の監督の当てはまるでついていないという。「X-MEN3」は、06年5月の公開予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi