京極堂がスクリーンに!「姑獲鳥の夏」製作発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月10日 > 京極堂がスクリーンに!「姑獲鳥の夏」製作発表
メニュー

京極堂がスクリーンに!「姑獲鳥の夏」製作発表

2004年8月10日 12:00

(左より)実相寺昭雄監督、阿部寛、原田知世、 堤真一、永瀬正敏、いしだあゆみ、宮迫博之 (出演者の衣裳は全て劇中のもの)

(左より)実相寺昭雄監督、阿部寛、原田知世、
堤真一、永瀬正敏、いしだあゆみ、宮迫博之
(出演者の衣裳は全て劇中のもの)
[拡大画像]

人気ミステリー作家・京極夏彦のデビュー作にして、全8作で総計400万部を超えるベストセラー“京極堂シリーズ”の第1作「姑獲鳥(うぶめ)の夏」の映画化が決定し、8月10日、東京・恵比寿のウェスティンホテル東京で製作発表会見が開かれた。会場には、久々の劇場映画を手掛ける実相寺昭雄監督以下、堤真一永瀬正敏阿部寛宮迫博之原田知世いしだあゆみといった豪華キャストが顔を揃えた。

既に多くの原作ファンが存在する本作だが、古本屋の店主にして神主、そして“憑物落とし”で謎を解明していく主人公・京極堂役の堤は「ファンからバッシングされる覚悟もできている。現場で作り上げていく中で、原作とは違う京極堂になるかもしれないが、それはそれで楽しんでほしい」とコメント。また、近年は寡作になっていた実相寺監督は「9年間、大学でオペラを教えていたが定年退職になり、本当は働きたくなかったが、年金の支払いが必要だったので仕事を引き受けた(笑)。久々の映画の現場だが、やってみると体がちゃんと覚えているものだ」と秘話(?)を明かし、「シリーズ化も検討されているようなので失敗したくはないが、かといって気負いすぎないようにしている」と語った。05年7月、全国公開の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi