ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンド役を降板? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月3日 > ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンド役を降板?
メニュー

ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンド役を降板?

2004年8月3日 12:00

7月27日、エンターテインメイト・ウィークリーのウェブサイトのインタビューで、「007」シリーズの5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンがボンド役を降板する意思を明らかにした。ブロスナンは「関わった4作品のどれもが良い思い出だが、これ以上ジェームズ・ボンドについて語ることはない。もう終わったことだ」と、20作目の「007/ダイ・アナザー・デイ」が最後だと語った。

「ダイ・アナザー・デイ」で契約は切れているものの、続投の姿勢を見せていたブロスナンが突然降板を表明をした背景には、タイトル未定の第21作の脚本に不満があるからだとみられている。ブロスナンは、最近の「007」が、キャラクター描写を軽視し、派手なアクションばかりに力を入れていることを批判していた。製作スタジオのイオン・プロダクションとMGMは、ブロスナンの降板に関してノーコメントとしているが、新ボンド探しが始まるのも時間の問題のようだ。現在、候補として噂になっているのは、英国出身ではコリン・ファースヒュー・グラントクライブ・オーウェンヨアン・グリフィズ、ジェラード・バトラー、ジュード・ロウユアン・マクレガーなど。また、オーストラリア出身では、エリック・バナヒュー・ジャックマンヒース・レジャーなどの名前が挙がっている。

「ボンド21」の公開予定は05年11月。だが、ボンド騒動の行方如何によっては、公開延期の可能性もありそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi