「華氏911」より過激!「チーム・アメリカ」予告編が登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月3日 > 「華氏911」より過激!「チーム・アメリカ」予告編が登場
メニュー

「華氏911」より過激!「チーム・アメリカ」予告編が登場

2004年8月3日 12:00

要注目!「華氏911」

要注目!
[拡大画像]

「サウスパーク」の生みの親、トレイ・パーカーマット・ストーンによる最新映画「チーム・アメリカ:ワールド・ポリス」の予告編が、ネットに初お目見えした。

本作は、「サンダーバード」や「三国志」と同じ木製の操り人形劇。「チーム・アメリカ」とは、世界平和維持を任務とする国際警察の秘密組織で、権力に飢えた独裁者がテロリストに大量破壊兵器の仲介をしていることを知った彼らは、世界を救うため困難な任務に乗り出す、というストーリーだ。予告編には、ショーン・ペンティム・ロビンスジョージ・クルーニーらに加え、マイケル・ムーアジョージ・W・ブッシュジョン・ケリー、キム・ジョンイルの名前が次々と登場。クレジットの後には「この映画を見たら、彼らは猛烈に怒り狂うだろう」と出る。クレジットはないが、オサマ・ビンラディンとおぼしき姿もある。監督はトレイ・パーカー、脚本はパーカー&ストーンとパム・ブレイディが共同であたり、登場人物の声は「サウスパーク」同様、パーカーら自身が担当する。

マイケル・ムーア監督の「華氏911」がブッシュ大統領に標的を絞っているのに対し、「チーム・アメリカ」は、ブッシュはもちろん、ジョン・ケリー候補や反戦を掲げるアメリカのリベラル派、北朝鮮までもネタにしているのに注目。さらには、ジェリー・ブラッカイマー製作のハリウッド大作も徹底的にパロディにしているという。パーカーとストーンは、99年の映画「サウスパーク/無修正映画版」でフセイン大統領(当時)を地獄に送り込み、TVシリーズ「ザッツ・マイ・ブッシュ!」ではブッシュ大統領のそっくりさんを登場させ、ブッシュ家の日常を笑いものにしていた。全米公開は10月15日。「華氏911」よりも、さらに過激であることは間違いない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi