「韓流」ブームに「興味なし」。カンヌ受賞で話題の韓国映画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月3日 > 「韓流」ブームに「興味なし」。カンヌ受賞で話題の韓国映画
メニュー

「韓流」ブームに「興味なし」。カンヌ受賞で話題の韓国映画

2004年8月3日 12:00

(左より)チェ・ミンシク、カン・へジョン「オールド・ボーイ」

(左より)チェ・ミンシク、カン・へジョン
[拡大画像]

今年度のカンヌ映画祭で、パルムドールの「華氏911」の次点となるグランプリを受賞した「JSA」のパク・チャヌク監督による新作「オールド・ボーイ」。8月2日、主演のチェ・ミンシクとカン・へジョンがPRのため来日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて記者会見を行なった。

本作は日本の同名漫画が原作で、ある日突然拉致・監禁され、15年後に解放された男がその相手に復讐する物語。「シュリ」では北朝鮮工作員を演じた主演のチェ・ミンシクは「最初、映画化するには大きすぎる話ではないかと思いましたが、誰かが誰かの人生をストップさせてしまうという題材は非常に興味深いのではと思い、また、その理由の部分に我々の想像力をつぎ込み、原作漫画とは違ったオリジナルなものを作ることを目指しました」と本作の映画化についてコメント。そして「この映画を作り、カンヌで評価されたことにより、従来の『韓国映画』の殻を破ることが出来、自由になれたとも思う」と韓国映画を取りまく現状についても熱く語った。また、ヒロインを演じたカン・へジョンは現在日本で巻き起こっている「韓流」ブームについて「単なるトレンドなので興味はない」とそっけなくコメントした。「オールド・ボーイ」は今秋公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi