「火星のプリンセス」映画化、監督が決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年8月3日 > 「火星のプリンセス」映画化、監督が決定!
メニュー

「火星のプリンセス」映画化、監督が決定!

2004年8月3日 12:00

「火星のプリンセス」 (東京創元社・刊)「ミッション:インポッシブル」

「火星のプリンセス」
(東京創元社・刊)
[拡大画像]

ロバート・ロドリゲス監督が降板した「火星のプリンセス」(エドガー・ライス・バローズ著、創元SF文庫・刊)の映画化企画を、9月に全米公開されるSFアクション映画「スカイ・キャプテン・アンド・ザ・ワールド・オブ・トゥモロー」(出演ジュード・ロウグウィネス・パルトロウアンジェリーナ・ジョリー)を完成させたばかりのケリー・コンラン監督が手がけることが決定した。

同作を製作するパラマウント・ピクチャーは、エドガー・ライス・バローズ原作の「火星シリーズ」のフランチャイズ化を狙っており、同スタジオの看板シリーズである「ミッション:インポッシブル」シリーズと同様、「火星の女神イサス」「火星の大元帥カーター」と続けたいところだろう。ちなみに、「火星のプリンセス」は、アリゾナの洞窟から火星に飛来してしまった南軍の騎兵大尉ジョン・カーターの冒険を描く「火星シリーズ」第1巻にあたる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • パディントン2の評論 パディントン2 奇想天外なアイディアと個々のハートが溶け合った極上のハーモニー
  • ジオストームの評論 ジオストーム あらゆる厄災全部乗せの脱知性ぶりが観客をトリップに導く!
  • ライオンは今夜死ぬの評論 ライオンは今夜死ぬ アルトマン的で“カーニバルのような”映画が生き生きとそこに息づいていく
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi