第4シーズンに突入する「24」、主演男優はストリップの舞台に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年7月27日 > 第4シーズンに突入する「24」、主演男優はストリップの舞台に
メニュー

第4シーズンに突入する「24」、主演男優はストリップの舞台に

2004年7月27日 12:00

楽しもうぜ!

楽しもうぜ!
[拡大画像]

来年1月から第4シーズンに突入するアメリカの人気テレビシリーズ「24」で、主人公ジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドを除く、すべてのオリジナルキャストが差し替えられることが明らかになった。なお、プロデューサーによると、第4シーズンでジャック・バウアーはカウンター・テロ・ユニット(CTU)に所属していないという。

ちなみにサザーランドは、最近映画撮影のため滞在していたニュージーランドの小さな町にあるナイトクラブで、男性のストリップショーに飛び入り参加したのを目撃されている。ニュージーランド・ヘラルド紙によれば、カウンターでショーを観ていたサザーランドは、突然ステージに上がって靴下を脱ぎだし、トム・ジョーンズのヒット曲「ユー・キャン・リーブ・ユア・ハット・オン」に合わせてシャツを脱ぎ、頭上で振り回しながら踊ったという。現場に居合わせた地元の女性客が大喜びだったのに加え、クラブのオーナーも「キーファーのおかげでみんなが楽しめた」とご満悦だったそうだ。

サザーランドは、18世紀のニュージーランドを舞台に、マオリ族と移民の間に起こった戦争を描く「リバー・クイーン」という映画の撮影をしていた。

(C)2003 Twentieth Century Fox Home Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi