ディズニーとピクサーが復縁? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年7月27日 > ディズニーとピクサーが復縁?
メニュー

ディズニーとピクサーが復縁?

2004年7月27日 12:00

打率10割を誇るアニメーション・スタジオのピクサーが、今年1月に契約更改交渉を打ち切ったディズニーと再交渉を始めたとの情報が飛び交っている。ディズニーとの交渉決裂後、ピクサーはフォックス、MGM、ソニー、ワーナーなどのメジャースタジオと交渉をしたが、どのスタジオとも契約には至っていない。ピクサーのスティーブ・ジョブス会長とディズニーのマイケル・アイズナー会長は犬猿の仲として知られているだけに、なぜいまさら交渉を再開させたのか、詳細は分からない。

この3月、ディズニーではアイズナー体制が株主の反発に遭うという危機にさらされたが、この時ジョブスはハリウッド関係者に、「アイズナーさえ去れば、ディズニーに戻る」と伝えていたという。しかし現在は、アイズナー体制がどうなるかに関わらず、ジョブスはディズニーに戻る姿勢を見せているそうだ。契約上、ピクサーはディズニーを去ると、「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」などヒット作のライブラリーを失う上に、続編製作の権利まで失ってしまう。情報筋は「ライブラリーを手放すのはあまりにももったいないので、彼はディズニーに戻る気になったのでは」と語っている。

いずれにせよ、ディズニーとピクサーの新しい契約はすぐに交わされるわけではない。ジョブスは、現在の契約下で製作されている「Mr.インクレディブル」(12月4日日本公開予定)と「Cars」(05年公開予定)の2本で様子を見ながら、結論を下すことになりそうだ。

ちなみに、この件に関して、ディズニーとピクサーは双方ともコメントを出していない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi