ジョニー・デップ、次の次もティム・バートン作品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年7月6日 > ジョニー・デップ、次の次もティム・バートン作品
メニュー

ジョニー・デップ、次の次もティム・バートン作品

2004年7月6日 12:00

「シザーハンズ」以来の つきあい「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

「シザーハンズ」以来の
つきあい
[拡大画像]

ティム・バートン監督の次回作「チョコレート工場の秘密」で、工場長のウィリー・ワンカを演じるジョニー・デップが、バートン製作・共同監督のアニメでも主人公を務めることになった。そのタイトルは「The Corpse Bride(死体の花嫁)」。「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のようなストップモーション・アニメで、19世紀ロシアの民話をもとにしたダーク・ファンタジーだ。デップが吹き替えるのは、生きたままあの世に連れて行かれ、死体と結婚することを強いられる物語の主人公ビクター。死体の花嫁役には、バートン監督の恋人であり、一人息子の母親でもあるヘレナ・ボナム=カーター。現世でビクターの帰りを待つ妻の声はエミリー・ワトソンが担当する。さその他にもアルバート・フィニークリストファー・リーリチャード・E・グラントといったバートン作品と相性の良い名優たちも集結することになりそうだ。

バートンと共にメガホンをとるのは、ロアルド・ダール原作のストップモーション・アニメ「ジャイアント・ピーチ」でアシスタント・アニメーターを務めたマイク・ジョンソン監督。音楽はダニー・エルフマン。全米公開は05年10月の予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi