止まらない「華氏911」フィーバー。気になる次回作は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年7月6日 > 止まらない「華氏911」フィーバー。気になる次回作は?
メニュー

止まらない「華氏911」フィーバー。気になる次回作は?

2004年7月6日 12:00

タイム誌「華氏911」

タイム誌
[拡大画像]

全米公開2週目に突入したマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー「華氏911」は、ボックスオフィスで1位を「スパイダーマン2」に譲ったものの、その勢いはまったく衰えを見せていない。上映館数を868から1725に倍増させて、すでに5500万ドル(約60億円)もの興収を上げている。1億ドルの大台を突破するのはもはや時間の問題で、アメリカのメディアはこぞって「華氏911」を取り上げている。

マイケル・ムーアを特集した最新号のタイム誌によると、「華氏911」はアメリカの保守的な州でも人気で、出口調査によると、作品を最高のAと評価した観客が64%いる一方で、最低のFと評価する観客が30%もおり、賛否両論を巻き起こしているという。このタイム誌の巻頭特集では、マイケル・ムーアのインタビュー記事から、「華氏911」の主張の事実チェック、さらにマイケル・ムーアの映画テクニックなど多角的な分析が行われている。また、スーパーマンのようなポーズを取ったマイケル・ムーアが表紙を飾るエンターテインメント・ウィークリー誌最新号は、ムーアの独占インタビューを掲載。ディズニーが公開拒否に至ったプロセスから、アカデミー賞でブッシュ批判のスピーチをしたあとのバッシング被害、宿敵とも言われるFOXニュースチャンネルのビル・オライリーの「華氏911」上映会での反応など、さまざまな質問に答えている。ちなみに、次回作ではHMOというアメリカの保険機構についての映画を作るつもりなんだそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi