ディズニーが映画への出資を縮小。ミラマックスもリストラへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月29日 > ディズニーが映画への出資を縮小。ミラマックスもリストラへ
メニュー

ディズニーが映画への出資を縮小。ミラマックスもリストラへ

2004年6月29日 12:00

ディズニーのマイケル・アイズナー会長は、投資家との打ち合わせの席で、今後、映画部門への出資を減らす意向であることを明かした。1億ドルの製作費をつぎ込んだ「アラモ」と「オーシャン・オブ・ファイアー」がそれぞれ興行的に大失敗したことから、今後は実写映画の製作本数を減らし、アニメーションや、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のようなフランチャイズ作品に力を入れていくことになるという。この決断で、はやり気になるのは子会社ミラマックスとの関係だ。ミラマックスには年間7億ドルの予算が与えられているが、当然、この額も大幅に縮小されることになり、ワインスタイン兄弟の離脱の可能性がますます高くなると見られている。ちなみにミラマックスは今年度の年間予算をすでに使い果たしてしまったため、450人いる社員の2割をリストラする計画だという。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi