刺激が強すぎ!コリン・ファレルの下半身はNG : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月29日 > 刺激が強すぎ!コリン・ファレルの下半身はNG
メニュー

刺激が強すぎ!コリン・ファレルの下半身はNG

2004年6月29日 12:00

コリン・ファレルのヌードシーンが、新作映画からカットされることになった。その映画とは、マイケル・カニンガム(「めぐりあう時間たち」)の小説を映画化した「ア・ホーム・アット・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」。コリン・ファレルは三角関係に悩むバイセクシャルの男を演じているのだが、テスト試写を行ったところ、彼のヌードシーンが必要以上に注目を集めてしまったのだという。目撃証言によると、ファレルがフルヌードで登場する場面で、「女性客は興奮して、男性客はひどく居心地が悪そうだった」という。シリアスなシーンにかかわらず、彼の下半身ばかりが注目を集めてしまったため、このシーンはカットされることになった。しかし、IMAXの3D版はノーカットでの上映を検討しているというので、ファンの方はそちらに期待あれ。7月23日に全米公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi