老舗の日比谷映画、みゆき座が閉館へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月29日 > 老舗の日比谷映画、みゆき座が閉館へ
メニュー

老舗の日比谷映画、みゆき座が閉館へ

2004年6月29日 12:00

長い間、映画ファンに愛されてきた日比谷の映画街が姿を消すことになりそうだ。東京・有楽町にある東宝本社ビルが老朽化により建替えられることになり、同ビルの1階、地下1階に位置する日比谷映画劇場(612席)、みゆき座(710席)が来年3月末に閉館することになったため。

日比谷映画(旧名:千代田劇場)、みゆき座は共に57年にオープンし、日比谷映画は千代田劇場時代には日本映画、84年に旧日比谷映画劇場から名前を譲り受けてからはアクション系の作品を多く上映、一方のみゆき座はオープン以来、一貫して女性向けの作品を多く上映してきた。

東宝によると、新たに建替え後も映画館は新設せず、有楽町近辺の直営館を中心に運営する模様。また、来年3月の閉館時には、イベントの開催を検討しているとのこと。みゆき座の閉館番組には、同館の動員記録を持つ「エマニエル夫人」のリバイバルを希望したいところだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi