マイケル・ムーア、英ブレア首相についての映画は「冗談」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月15日 > マイケル・ムーア、英ブレア首相についての映画は「冗談」
メニュー

マイケル・ムーア、英ブレア首相についての映画は「冗談」

2004年6月15日 12:00

ブッシュ政権を痛烈に批判した話題のドキュメンタリー「華氏911」の全米公開を控えたマイケル・ムーア監督が、近いうちに、イギリスのトニー・ブレア首相を題材にした映画を撮る考えがあると話し話題を集めていたが、その発言は「冗談」だと訂正した。

ムーア監督は、11日、ロイター通信のインタビューで「イラク戦争に関して言えば、ジョージ・W・ブッシュよりもブレア首相のほうが責任が重いと思っている。ブレアは分別のある男だし、バカじゃない。そんな男がブッシュなんかとつるむのは、なにか理由があるからだとは思えないか?」とコメント。「華氏911」の製作中、ブッシュ大統領とブレア首相のどちらに焦点を当てるかで迷ったことがあるという彼は、「いつか、ブレアとイギリスについての映画をやる必要がある」と語っていた。これを受け、ムーア監督は自身のサイトに、「トニー、怖がらせてごめん。マイケル・ムーアはふざけただけなんだ」というタイトルで、「一部のマスコミは、マイケル・ムーアトニー・ブレアを題材に新作を作っていると報道している。これは事実ではない。繰り返す。これは事実ではない。マイケルがインタビューで、次回作の題材はトニー・ブレアだと冗談を言ったら、真面目に受け取られてしまったんだ」という記事を掲載している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi