どうなる?ミラマックス売却問題 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月15日 > どうなる?ミラマックス売却問題
メニュー

どうなる?ミラマックス売却問題

2004年6月15日 12:00

ボブ&ハーベイ・ワインスタイン会長の05年の契約更新を前に、ミラマックスと親会社ディズニーとの亀裂がますます深まりつつある。ディズニーが配給拒否をしたマイケル・ムーア監督の「華氏911」のプレミア会場で、映画館に詰めかけたハリウッドの業界人たちを前に、ハーベイ・ワインスタイン会長は「会長として新しく雇ってくれるスタジオを探しています。ご興味があれば履歴書をお送りしますよ」とジョークを飛ばした。

だが、ディズニーはミラマックスを売却する意志のないことを改めて発表。加えて、ミラマックスが、過去5年間のうち3年にわたって利益を生み出していないことを明かした。これにミラマックスは猛反発。毎年、着実に収益をあげており、ワインスタイン兄弟が毎年ディズニーからボーナスを受け取っていることが何よりの証拠である、と主張した。一方、ディズニーのロバート・アイガー社長は、「連中は、慣例的な会計のルールに従っていない」と反論。最近のミラマックスは「ギャング・オブ・ニューヨーク」や「コールド・マウンテン」など大作志向が顕著で、しかもこれらの大作が利益を上げていないことをディズニーは懸念しているようだ。ミラマックスの広報は、「ミラマックスがそんなにお荷物なら、どうして売却してくれないんですか?」と言い返している。ディズニーがミラマックスを売却しない理由は、ミラマックスが保有する豊富なライブラリーに加えて、イメージダウンを恐れているからだと業界筋は見ている。アニメーション・スタジオのピクサーに逃げられた上に、インディペンデント映画の雄であるミラマックスまで放出してしまえば、「クリエイティブな人材が嫌がるスタジオ」というイメージ定着は避けられそうもない。

この件についてニューヨーク・タイムズ紙は、ディズニーのマイケル・アイズナー会長が、ミラマックス売却を友人に相談したと伝えている。その売却額は、あまりに高額でとてもワインスタイン兄弟に支払えるような金額ではないという。“自由”を獲得するためにワインスタイン兄弟がこの取引に応じるかどうかは不明だが、最も可能性が高いのは、「イングリッシュ・ペイシェント」「恋におちたシェイクスピア」「シカゴ」など500を超える映画ライブラリーをディズニーに残し、「ミラマックス」という会社のみをワインスタイン兄弟が買い取る、というもの。ワインスタイン兄弟の契約終了は05年。両社の今後の動きに注目したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi