妻夫木いわく、「69」は楽しんだ者勝ち : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月15日 > 妻夫木いわく、「69」は楽しんだ者勝ち
メニュー

妻夫木いわく、「69」は楽しんだ者勝ち

2004年6月15日 12:00

(左より)安藤政信、妻夫木聡、 李相日監督「69 sixty nine」

(左より)安藤政信、妻夫木聡、
李相日監督
[拡大画像]

村上龍の自伝的ベストセラー小説「69 sixty nine」を宮藤官九郎が脚本化し、李相日(リ・サンイル)が監督した同名映画の完成報告会見が6月9日(「69」の日)に東京・日比谷の帝国ホテルで行われ、主演の妻夫木聡安藤政信らが出席した。

ストーリーは村上龍の高校生時代を自伝風に綴った破天荒な青春グラフィティで、69年の佐世保が舞台。村上龍原作・監督の「限りなく透明に近いブルー」も手がけたという伊地知啓プロデューサーは「難しい題材であるとは思いつつも、『69』の映画化はある時代が来れば必ず出来ると思い、作るタイミングをずっとうかがっていた。そして今回、69年以降に生まれた若く新しい才能が集まり、この作品を完成させてくれて非常に嬉しく思っている」とコメント。監督の李相日は「最初、プロデューサーから話をもらった時は、『この人、頭オカシイんじゃないかなあ』と思ったが、チャンスだと思って引き受けた。69年を実際に体験していないとよく言われるが、いつの時代にもいる退屈で、どうしようもない、主張のある若者を面白く描くことに主眼を置いた映画なのでそれほど気にならなかった」と語った。また、主演を務めた妻夫木は、主人公を演ずるに当たって村上龍に会ったところ「60年代の暗そうなイメージが村上さんの話で吹っ飛んで、村上さんとケン(=主人公)が頭の中で一緒になりました。とにかく『楽しんだ者勝ち』ですから、皆さんも楽しんで下さい」と映画をアピールした。7月10日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi