CIAの実態を描くサスペンスにクルーニーとデイモン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月1日 > CIAの実態を描くサスペンスにクルーニーとデイモン
メニュー

CIAの実態を描くサスペンスにクルーニーとデイモン

2004年6月1日 12:00

「CIAは何をしていた?」 (新潮社・刊)「オーシャンズ12」

「CIAは何をしていた?」
(新潮社・刊)
[拡大画像]

現在、「オーシャンズ12」を撮影中のジョージ・クルーニーマット・デイモンが、新作で再共演を果たすことになった。タイトルは「シリアーナ」。70年代から90年代にかけて、米中央情報局(CIA)の局員として中東に赴任していたロバート・ベアの回顧録「CIAは何をしていた?」(新潮社・刊)をもとに、9・11の同時多発テロに至るまでのCIAの凋落を追うサスペンスだ。映画では、捜査官のベアをクルーニーが、石油業界のエグゼクティブをデイモンが演じる予定。クルーニーは、盟友スティーブン・ソダーバーグとともにプロデューサーも務める。脚本・監督は、麻薬戦争の実態を鋭く描いた「トラフィック」の脚本家、スティーブン・ギャガン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi